WEBROOT(エンドポイントプロテクション)

Webroot SecureAnywhere Business エンドポイント プロ テクションは、エンドポイントにおけるマルウェア防御の革新的な アプローチを提供します。ウェブルートの機械学習(AI)を用いた クラウド技術を活用し、他のアプローチに比べて、より効果的に既 知の脅威に対応し、またゼロデイ攻撃を防止します。 エンドポイントにおけるスキャンは、脅威のスピードを実現すると ともに、エンドユーザーのパフォーマンスの低下を防ぎます。リア ルタイムなテクノロジーであるため、利用者のセキュリティ環境は 常時最新状態に保たれ、定義ファイルの更新管理に煩わされるこ となく、あらゆる最新の脅威や攻撃から保護されます。 

脅威情報インテリジェンスプラットフォーム

  • ウェブルートの脅威情報インテリジェンスは、クラウド上に構築されたセキュリティ情報のデータベースです。マルウェアやウイルス、悪質なサイト のURL、IPアドレスなどの様々な膨大な情報をリアルタイムに自動的に収集しています。
  • 収集された情報は、最先端のアルゴリズムに基づく機械学習や振る舞い分析により解析・分類されます。そのため分析結果の精度が人手による分 析よりも高く大量の情報をごくわずかな時間で分析します。さらに異なる要素のデータを相関分析することにより、予測型のインテリジェンスを提 供します。ウェブルートは、蓄積された脅威の情報を各セキュリティベンダー様に提供しており、脅威情報のフィードバックをいただくことにより、 より精度の高いデータベースを構築しています。
  • 脅威の情報は全てクラウド上にあります。世界のどこかにある1台のPCで悪意のあるファイルが新たに発見されるとその情報はただちにクラウド 上のデータベースに反映されます。そして他のユーザーのPCもその瞬間に新たな脅威から保護されます。 

サービスの特徴

フルクラウド型の次世代セキュリティ

定義ファイルが不要のハッシュベースのクラウド型のシステムを採用、リ アルタイムに最新の保護を提供します。定義ファイルの更新の必要がな いため、見つかったばかりのマルウェアも即座にすべてのエンドポイント で対応することが可能です。

未知のマルウェアに対する最大限の防御

革新的なファイル形式&行動認証テクノロジーを採用。未知のマルウェ アに対しても、行動を監視し、分析することで対応することが可能です。 黒判定された際には、即座にクラウドのデータベースが更新され、他の ユーザーにも展開されます。

PCのスローダウンや生産性の低下からの解放

初回のスキャンは数分以内、その後のスキャンはさらに短縮されます。ス キャン中のCPUの使用は最初限で、PCのパフォーマンスの低下を防ぎ ます。 

多層防御/リアルタイムアンチフィッシング

ウェブルートはエンドユーザーの端末を多層的に防御しています。リアルタイムに悪意のあるサイトから守るた めに、URLチェックを実施し悪意のあるサイトからの攻撃を防ぎます。また、実行ファイルベースのファイルス キャンが最終的にクライアントで悪意のある行為が行われることを防ぎます。 

自動化により管理も容易に

クライアントエージェントをインストールしたすべてのエンドポイントを集中 管理。SaaS型のセキュリティ管理と報告システムにより、サーバー用のハー ドウェアの導入や別ソフトウェアの導入など煩わしい管理が不要になります。

社内ネットワーク外のユーザーも保護

ネットワークの処理能力を低下させる大容量のアップデートファイルが不 要。社内ネットワークに未接続のユーザーもアップデートも不要で新しい脅 威に対し全てのユーザーを直ちに保護します。

超高速で手軽な配備が可能

業界最小クラスのエンドポイントセキュリティクライアント/エージェント (3MB)により、インストール時の所要時間は通常数十秒以内と高速。他社製品との共存も可能です。 

リアルタイム脅威モニタリング

ローカルのエンドポイントからファイルのハッシュ値をクラ ウドに送り、そのハッシュ値がウェブルートのデータベース にあるかどうかを確認します。 その結果、ファイルを実行させるかもしくはブロックする か の 判 定 を ロ ー カ ル に フ ィ ー ド バ ッ ク し ま す 。

端 末 で フ ァ イ ル の 白 黒 の 判 定 を 行 わ な い の で 、P C の パ フォーマンスへの影響は最小限です。 

ローカルのエンドポイントからファイルのハッシュ値をクラウドに送り、ウェブルー トのデータベースになかった場合は、ローカルマシン上でそのファイルの動作を監 視・記録します。 振る舞いを分析し、その振る舞いが黒と判定された時点で、ブロックを実施し、そ の 行 動 の 履 歴 に 基 づ き 、フ ァ イ ル が 行 っ た 変 更 を 元 に 戻 し ま す 。 未 知 の 脅 威 へ の 対 策 に 非 常 に 大 き な 効 果 が あ り ま す 。 

従来型製品の問題点に対するウェブルートのアプローチ

パフォーマンス比較

管理コンソール

Webベースの管理コンソール1つで、全てのエンドポイントの集中管理が可能です。
直感的なインターフェースを利用したエンドユーザーのポリシー管理が容易に行えます。 

  • 管理サーバのハードウェアやソフトウェアの購入・インストール 保守は不要です。
  • セキュリティポリシーの策定・管理をグループ単位で実施可能 です。
  • ホワイトリスト/ブラックリストやオーバーライドファイルの管 理が一つのコンソールで可能です。
  • 発 生 し た ば か り の 脅 威 に 対 す る 対 応 や エ ー ジ ェ ン ト の ア ッ プ デートは自動で行われます。 

製品トライアル/移行

エンドポイントにインストールされている他のセキュリティ製品と競合しないので、トライアルや移行に際して既存のソフトウェアの アンインストールが不要です。並行して手軽に配備、インストールが行えます。 

共存できないため手間と時間が必要

  • 従 来 の セ キ ュ リ テ ィ 製 品 を 新 し く イ ン ス ト ー ル す る 際 に は 、既 存の製品のアンインストールが必要。
  • 以降する際にセキュリティがインストールされていない空白の 時間が発生。
  • アンインストールしてから、新しい製品のインストールが必要 なので移行の実施に時間が必要。 

既存製品との共存が可能でセキュリティの空白を作らない

  • ウェブルートエンドポイントプロテクションを新しくインストー ルする際には、既存の製品のアンインストールは不要。
  • セキュリティソフトがインストールされていない空白の時間が ありません。
  • 製品をインストールしてから、既存の製品のアンインストール ができるので、効率的に移行を完了することが可能。
  • トライアルのキーコードを引き継いで、製品版への移行ができ るので、検証から配備までの時間を削減可能。