IT導入補助金2023

IT導入補助金2023 ITベンダーに登録いただきました。

令和4年度補正IT導入補助金2023のベンダーとして、補助金事務局に登録を頂きました。

今年度も引き続き補助事業様のお役に立てるコンシェルジュとして、精一杯サポートさせて頂きたいと存じております。

ITツールの選定から、分かりにくい申請・手続きまで安心してお任せ頂けます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

IT導入補助金とは?

「IT導入補助金を利用してITツールを導入したい」

「ITツールを導入したいがコストが高くて困っている」

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、飲食店や美容室などの個人事業主から、大規模の企業まで、ITツールを導入する際に利用できる補助金のことです。

中小企業・小規模事業者等の生産性向上を支援する目的で、ITツール(ソフトウエア、サービス等)の導入にかかる経費が一部補助される大変お得な制度です。


  1. 通常枠(A・B類型)
  2. デジタル化基盤導入枠
  3. セキュリティ対策推進枠

タブ内容を展開する(公開サイトには表示されません)

タブ1(公開サイトには表示されません)

ITツールを導入する経費の一部を補助します。起業の抱える課題やニーズにあったツールの導入によって、業務効率や売り上げの向上を支援します。

A類型は30万円~150万円未満、B類型は150万円~450万円以内で申請可能です。なおA類型の下限額は、今回の補正予算で変更になりました。

補助率は1/2以内、補助額は最大450万円です。

タブ1 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ2(公開サイトには表示されません)

企業間取引のデジタル化を推進することを目的とした支援枠です。インボイス対応にも活用できます。

新たに導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの経費の一部やクラウド利用費を補助します。

ソフトウェアのほか、PC・タブレット・レジ・券売機等のハードウェアの購入も補助の対象です。

補助率は3/4から1/2以内、補助額は最大350万円です。

(あわせてハードウェア購入費 PC・タブレット等:上限10万円、レジ・券売機等:上限20万円も補助)

タブ2 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ3(公開サイトには表示されません)

国際情勢の緊張などによりサイバー攻撃の潜在リスクが高まったことを踏まえて、2022年8月から公募が開始された支援枠です。

サイバー攻撃被害等によるリスクを低減させることを目的にしています。

独立行政法人情報処理推進機構が公表する「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されたサービスの利用料の一部が、最大2年間補助されます。

補助率は1/2以内、補助額は最大100万円です。

タブ3 終わり(公開サイトには表示されません)

ここまで
(公開サイトには表示されません)

2023年度IT導入補助金の補助額と補助率

A類型 B類型 デジタル化基盤導入類型
補助対象
経費区分
ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分補助)・導入関連費等 ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分補助)・導入関連費等
補助上限額・
下限額
5万円~150万円未満
下限を引下げ
150万円~450万円以下 50万円以下
下限を撤廃
50万円超~350万円
補助率 1/2以内 3/4以内 2/3以内
主な補助対象 ソフトウェア(単体) ソフトウェア(複数機能必須) 〇会計・受発注・決済・EC機能を持つソフトウェア(50万円超申請の場合は2機能以上必要)
〇上記システムを利用するためのPC・タブレット・レジ・券売機

*赤字は2022年からの変更点

実施詳細に関してはIT導入補助金公式サイトをご覧ください。

申請対象となるもの

事業の効率化に寄与するソフトウェア購入費、クラウド利用料、導入関連費が対象です。

デジタル化基盤導入枠では上記に加え一部のハードウェア購入費が対象となります。

通常枠

通常枠は例年と殆ど変わりはありません。
類型名 A類型 B類型
補助額 30万~150万円未満 150万~450万円以下
機能要件 1プロセス以上 4プロセス以上
補助率 1/2以内
賃上げ目標 加点項目 必須項目
対象経費 ソフトウェア購入費、クラウド利用費(クラウド利用料1年分)、導入関連費

ITツール要件

類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。

デジタル化基盤導入類型

デジタル化基盤導入枠では「会計ソフト」「受発注ソフト」「決済ソフト」「ECソフト」とその導入費が補助対象となり、それ以外の機能を持つソフトウェアは申請できません。

補助金の申請には審査がございます。要件を満たせば必ず支給されるわけではありませんのであらかじめご了承ください。

種類 デジタル化基盤導入類型
補助額 ITツール
最大 350万円
50万円以下部分 50万円超~350万円部分
機能要件 会計・受発注・決済・ECのうち1機能以上 会計・受発注・決済・ECのうち2機能以上
補助率 3/4以内 2/3以内
対象ソフトウェア 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
賃上げ目標 なし
補助対象 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費
ハードウェア購入費 PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器:補助率1/2以内、補助上限額10万円
レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円

弊社取扱の対象ソフトウェア(ITツール)

会計ソフト Freee(フリー)
受発注ソフト 販売WING
決済ソフト SHOP
ECソフト BASE

更に仙台市からの上乗せ支給も!

IT導入補助金の交付決定を受けると「仙台市地域産業応援金」の対象となりますので自己負担額を軽減できます。
補助金交付決定額に応じて10万円~75万円が支給されます。
(仙台市内の事業者が対象)

詳しくはこちら(仙台市のホームページ)

地域産業応援金

IT導入補助金2023の特長

その1

会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフトECソフトに補助対象を特化し、補助率を引き上げ

その2

クラウド利用料を2年分まとめて補助

その3

PC・タブレット、レジ・券売機等の購入も補助対象に追加

その4

補助金の交付額5~350万円

その5

補助率1/2以内~3/4以内

その6

複数社連携IT導入類型の創設

IT導入補助金2023の公募期間

通常枠(A・B類型)

1次締切分 締切日 2023年4月25日(火)17:00(予定) 交付決定日 2023年5月31日(水)17:00(予定)

2次締切分 締切日 2023年6月2日(金)17:00(予定) 交付決定日 2023年7月11日(火)17:00(予定)

最新の情報はIT導入補助金の公式サイトをご確認ください。

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)

1次締切分 締切日 2023年4月25日(火)17:00(予定) 交付決定日 2023年5月31日(水)17:00(予定)

2次締切分 締切日 2023年5月16日(火)17:00(予定) 交付決定日 2023年6月21日(水)17:00(予定)

3次締切分 締切日 2023年6月2日(金)17:00(予定) 交付決定日 2023年7月11日(火)17:00(予定)

最新の情報はIT導入補助金の公式サイトをご確認ください。

補助対象となる事業と補助金の概要

※飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等の中小企業等が対象。

運輸・製造

小売・卸売

飲食

介護・社会福祉法人

2021年の申請対象となる企業は IT導入補助金2022 公式ホームページ の公募要領をご覧下さい。

IT導入補助金の申請方法

補助金の申請には以下内容が必要です。準備しましょう。

【gBizIDプライムアカウントの事前取得について】

IT導入補助金2023の交付申請をお考えでGビズIDプライムアカウントをお持ちでない方は、事前にGビズIDプライムアカウントの取得をお願いいたします。
すでに有効なGビズIDプライムアカウントをお持ちの方はそのままお使い頂けます。

詳細はこちらまでお問い合わせください。GビズIDヘルプデスク メール:support@gbiz-id.go.jp

また、SMSを利用した申請者本人確認のため、SMSが利用できる携帯・スマートフォンをご準備下さい。

法人からの申請の場合
  • 謄本(履歴事項全部証明書 発行から3か月以内のもの)
  • 税務署の窓口で発行された直近分の法人税の納税証明書(その1もしくはその2)
個人事業主からの申請の場合
  • (有効期限内の)運転免許証もしくは運転経歴証明書もしくは住民票(発行から3か月以内のもの)
  • 税務署の窓口で発行された直近分の所得税の納税証明書(その1もしくはその2)
  • 税務署が受領した直近分の確定申告書Bの控え

最後に

申請の準備で、特にお時間がかかるのがお客様(ITツールをご検討されているお客様)のGビズIDプライムアカウントの取得です。 
取得には、印鑑(登録)証明書と申込書を郵送して申請後、通常2~3週間かかります。
ITツールの補助金申請を検討されているお客様がいらっしゃいましたらお早めのご準備をお勧めします。

GビズIDプライム、みらデジ経営チェックについては、以下のホームページをご確認ください。

■gBizIDプライム https://gbiz-id.go.jp/top/

現在、電子申請の需要増加に伴い、「G ビズ ID プライムアカウント(以下プライムアカウントと記載します。)」の発行に最大で3~4週間程度の期間を要します。
お早目に申請をお願いいたします。

■みらデジ経営チェック https://www.miradigi.go.jp/

「みらデジ」は、中小企業庁が実施する中小企業・小規模事業者等の経営課題をデジタル化により解決することをサポートするポータルサイトです。

PC・スマホから設問に回答することで、同業他社と比較した経営課題やデジタル化の進捗度などを把握することができ、またその結果をもとに、「みらデジリモート相談」において専門家へ無料で相談を受けることもできます。

IT 導入補助金の申請に用いている gBizID プライムを利用して、みらデジ事業者登録を行ったうえで、みらデジ経営チェックを実施することを求められております。
みらデジ事業者マイページにて、gBizID 連携が完了していること、経営チェック結果が表示されていることを必ず確認してください。

弊社は7年連続「IT導入支援事業者」に認定されており、多数実績がございます。

2023年もさまざまなITツールで事業者様の生産性を向上していくお手伝いをさせていただければ幸いでございます。

IT導入補助金お問い合わせ

Tel.022-217-7780

営業時間 平日09:00 - 18:00 定休日:土日祝日,夏季,年末年始